歯科助手の魅力

資格や経験がなくても始められる

歯科助手は医師や歯科衛生士とは異なり、資格や経験がなくてもなることができる職業です。

未経験でも勤務可能な歯科医院の求人を見つけ、明日から働こうと思えば、働くことも可能なのです。

しかし、スムーズに診療アシスタントを行うためには、歯科の専門知識やスキルを身に付けることが必須となります。

歯科助手は医師のサポートを通して常に診療を見ているので、医師や歯科衛生士と同じように歯科知識があっても決して不思議ではありません。

最初は聞いたことのない専門用語や器具の名前に戸惑うかもしれませんが、研修が丁寧であったり、教育に力を入れている歯科医院が多いので、やる気があればスキルアップが可能です。

また、一度業務を覚えてしまえば、他の歯科医院に移ってもすぐに仕事が始められます。

まず、歯科助手として働こうと思ったら、予備知識として事前にさまざまな情報を集めたり、通信講座などで勉強をしておくのもおすすめです。まったくの未経験で始めるよりは仕事に早く慣れることができます。

自分の生活スタイルに合った仕事ができる

歯科助手は正社員、アルバイト、パートなどさまざまな雇用形態があり、自分の生活スタイルに合った働き方ができることも魅力の一つです。

また、身に付けたスキルは一生ものになるので、結婚や出産などで一度仕事から離れても、比較的再就職をしやすいといわれています。

歯科医院は今やコンビニ以上の数ともいわれており、歯科助手の需要も高めです。歯科医院は多くの場所にあるため、引っ越しをした場合や、子育てがひと段落した場合などでも比較的仕事が見つけやすい状況です。

最近ではショッピングセンターや駅ビルの中、駅前にある歯科医院も多いので、通勤がとても便利なことも多いです。

また、歯科医院は予約制のところが多く、診療時間や休診日が決まっていることから残業が少なめの傾向にあります。家事や育児と両立したい人にとって、安心して仕事をすることができる職場といえるでしょう。

自分に合った働き方を選べることは歯科助手の魅力の一つです。

患者さんとドクターの架け橋

患者さんが安心できるような雰囲気作りをしたり、不安を聞いて励ますことも歯科助手の大切な仕事です。

子どもからお年寄りまでさまざまな年代の患者さんの応対や、診療スタッフとの情報共有を通して、コミュニケーション能力を養うこともできます。

歯科助手は患者さんとドクターの両方をサポートし、架け橋となることで医療に貢献できるのが最大の魅力かもしれません。

「人の役に立ちたい」「人と接することが好き」「さまざまな業務を経験したい」「手に職をつけたい」という方にピッタリな仕事です。

仕事体験談