歯科助手は未経験でも働ける?

未経験でも可能

歯科助手として働くにあたって特別な資格は必要ありません。未経験でも歯科助手として働くことが可能です。正社員としての採用はもちろん、学生でもアルバイトとして採用している歯科医院もあります。

そのため、学生や主婦など女性を中心に人気が高い職業となっています。

歯科助手の仕事は未経験でも働けるとはいえ、職場は医療機関です。

患者さんにとっては、歯科衛生士も歯科助手も見分けがつきませんし、未経験の歯科助手かベテランの歯科助手かも一目見たくらいではわかりません。

ですから、患者さんに安心して通院してもいただくためにも、医療を担うプロとしての自覚をもって仕事をきちんと覚えて仕事を一つずつ確実に、丁寧にこなしていく必要があります。

わからないことは正直に伝える

医療現場の経験や、医学的知識がないと、歯科医院で使う器具の名前や専門用語が難しく感じられたり、理解できないこともあります。

しかし、そこで挫折せずに、わからないことがあれば歯科医師や先輩の歯科衛生士や歯科助手に素直に質問し、学ぶ姿勢が大切です。

未経験で働くことのメリットは、現場で実務経験を積みながら仕事を覚えていけるという点にあります。

失敗を恐れず実務経験を深める

最近は歯科助手の認定資格が取得できる通信講座などもあり、こういった講座を受講すれば、働く前から専門用語や歯科業務について知識を深められるというメリットがあります。

しかし、実際の現場では歯科医院によって使う器具が違っていることもよくあります。

最新機器で治療している歯科医院もあれば、旧型機器で治療をしている歯科医院もありますから、現場と机上で学ぶこととの違いは多かれ少なかれ出てきます。

勉強したことと実際の仕事内容が違う場合、それを補うのは、やはり実際に働きながら学んだ知識と経験です。

失敗を恐れず、失敗から学んだことを活かして成長していくことで未経験でも仕事に慣れ、一人前の歯科助手として歯科医師のサポートができるようになっていくでしょう。

仕事体験談