歯科助手の面接で聞かれること

面接でよくある質問

歯科助手に採用されるためには、歯科医院での面接をクリアしなければなりません。面接ではどういったことを聞かれることが多いのでしょうか。

ここでは、面接時に良く聞かれる内容についてご紹介します。

質問例

・これまでの職歴やアルバイトの経験などについて
・歯科助手の志望動機
・自己PR
・自分の長所と短所について
・数ある歯科医院の中で、その歯科医院を選んだ理由
・血を見て具合が悪くなったことはないか
・小さな子どもは好きか

このように、どの職業でも聞かれる一般的な質問に加えて、医療機関という特殊な職場であることから、血に対する抵抗がないかどうか、歯医者を怖がる子供に対する対応が笑顔でできるかどうかなどを見られていると考えておきましょう。

また、パートやアルバイトの面接の場合は、勤務曜日や時間の希望やお子さんがいる場合は誰かに預けて働けるかどうか、学生ならテスト期間中も働けるのかどうかなど、勤務時間に関する質問をされることが多くあります。

歯科医院が求める人材とは

細かい部分では歯科医院ごとに変わってきますが、歯科医院が求めているのは次のような人材です。

責任感があり礼儀正しい人

やむを得ない事情以外で、頻繁に遅刻したり、欠勤の多い人は雇う側も困ります。すぐに辞めてしまいそうな人も職歴を見て不採用となる可能性が高いでしょう。

また、社会人として最低限のマナーや言葉遣いができるかどうかも大切です。

コミュニケーション能力が高い人

子供からお年寄りまで、歯の痛みや不具合に悩んで通院されます。笑顔と会話で患者さんの抱える心配や不安を少しでも和らげることのできるコミュニケーション能力の高い人材が求められます。

また歯科医師や歯科衛生士などのスタフとも人間関係を円滑にできそうかどうかもチェックされています。

向上心のある人

歯科助手は未経験で資格がなくても仕事ができる職業です。その分、現場で覚える専門知識も多いので、真面目で向上心のある人が求められています。

歯科助手に求められていることを把握し、自分のやる気や熱意、強みをアピールし、面接に望みましょう。

仕事体験談