歯科助手の子どもへの対応の仕方

歯医者嫌いにしないための工夫を

子どもの虫歯予防のために、最近では乳幼児でも歯科医院に定期健診に来られるケースが増えています。

乳幼児の場合、保護者が抱っこした状態で診察台に上がります。口を開けてもらわないと、肝心の歯が見えないので、こういうシーンでは、歯科助手が笑顔が欠かせません。

歯科助手に「お口、あ〜んできるかな?」など優しく声がけされると、子どもは歯科医院は優しいお姉さんのいるところだと思うようになり、トラウマにならずにすみます。

大人の言葉を理解できるようになってきた幼稚園児以降になると、虫歯で歯科医院に来る機会が増えます。

虫歯ができて不安な状態でいる子どもと一緒に保護者まで診察室に入ってくると、甘えてしまって診察がスムーズにできないこともあります。

ですので、子どもと親の性格や態度を見極めて、親子分離で診察するか、親子分離せず診察するかを決めるのも歯科助手の腕の見せ所です。

保護者の中には、子どもに「すぐ終わるよ」「痛くないよ」と声をかけて落ち着かせようとする人がいますが、すぐに終わらなかった場合、痛かった場合、歯医者が嫌いになってしまいます。

こういう保護者は、待合室で待っていただいた方が得策ですので、丁寧に待合室まで案内するなどの対応が必要です。

保護者からの質問に備えて準備しておく

また、保護者が子どもの歯について気がかりなことを歯科助手に尋ねてくることがあります。

そういうときには、自己判断でアドバイスしないように気をつけましょう。

「フッ素塗布について」「お菓子を食べさせることついて」「指しゃぶりについて」「歯並びについて」など、保護者からたずねられることは同じ質問も多いので、あらかじめ歯科医師に確認し、質疑応答に備えて自分なりにマニュアル化しておくことをおすすめします。

他の患者さんへの気配りも大切

歯科医院には年配の方から小さい子どもさんまで、さまざまな患者が来院されます。ですから、中には子どもが待合室できちんと待っていられないことに、不満を持つ人もおられます。

保護者だけでは子どもの対応ができていない場合は、他の患者さんにも迷惑がかかり、歯科医院の評判にも影響しかねません。そういう場合は、歯科助手がフォローする必要があります。

たとえば、待合室には絵本やおもちゃを用意してある歯科医院も多いので、そちらへうまく誘導する、待合室が混み合っていなければ少し一緒に遊んであげるなどの対応をしましょう。

仕事体験談