歯科助手の勤務先の種類

歯科医院は飽和状態といわれた時期もありましたが、厳しい環境の中、虫歯の治療以外にも新しい道を見いだし、成功している歯科医院もたくさんあります。

成功している歯科医院がたくさんあるからこそ、歯科助手のニーズも安定しているといえます。

そこでここでは、一般的な歯科医院以外にはどんな種類の歯科医院があるのか、歯科の種類についてご紹介します。

一般歯科

昔からある一般的な歯科です。虫歯による急な歯痛や歯茎の腫れ、歯周病、歯槽膿漏などを治療する歯科です。

小児歯科

赤ちゃんから学童期までの子供を専門とする歯科です。子供の扱いを得意としているのが特徴です。

矯正歯科

八重歯や乱杭歯などの歯並びの矯正を専門とする歯科です。歯並びが悪いと、噛み合わせが悪くなり体にさまざまな不調を起こすことがあります。

また、歯を磨きにくいために虫歯や歯周病になりやすいため、矯正に特化した歯科があります。

予防歯科

虫歯や歯周病で悪くなった部位を治療するだけではなく、歯の健康状態をキープすることが最も重要であるという考えから予防歯科という専門分野に力を入れる歯科医院が出てきました。

歯の定期検診、クリーニングを主とした診療形態で、虫歯や歯周病の早期発見早期治療をコンセプトにしています。

インプラント歯科

事故や病気で歯を欠損してしまった場合、そこにチタン製の人口の歯を埋め込んで復元し、外見を整える技術を専門とした歯科です。

審美歯科

口元を整え、美しく見えるようにする、いわば口元の美容院が審美歯科です。

歯や歯茎の色を調整し、外見上美しく見えるように整えます。また、必要に応じてインプラント技術などを用いることもあります。

今回は、歯科の種類についてご紹介しました。歯科助手を目指して歯科医院を選ぶ際には、ぜひ一度歯科医院を実際に見に行くのがおすすめです。

歯科医院の看板を見れば、その歯科医院がどの分野に力を入れているのかがわかるでしょう。

仕事体験談