歯科助手の勤務時間・休日

歯科助手の勤務時間はどのくらい?

一般的な歯科医院では、朝9時に診療がスタートし、夜7時ごろに終了します。

このような歯科医院の場合は、着替えや院内の掃除など準備を行うために、診療開始時間の30分〜1時間前に出勤し、午後の診療で最後の患者さんが終われば、30分程度で片付け、会計の確認、翌日の準備を行います。

途中、昼食休憩を2時間程度はさみますので、勤務時間(実働時間)は1日8時間ですが、診療時間プラス準備や片付けの1時間程度を含めると、歯科助手の拘束時間は11時間程度となりますので、拘束時間は長い職業といえます。

しかし、昔と比べると、患者さんも夜遅くまで働いている人や共働きの人も増えており、これまでのように18時や19時で診療を終えてしまうと歯科医院に通いたくても通えない人も増えてきました。

そういったニーズに答えるために、歯科医院でも診療時間を工夫するようになってきています。

最近は、土日に診察する歯科医院や、朝早くから夜遅くまで診察するような歯科医院も増えてきました。

こういった長時間診療に対応した歯科医院では、正社員は8時間勤務とし、足りない時間はアルバイトやパートを雇って人材の確保をしています。

歯科助手の休日は?

歯科助手の休日は、歯科医院の休診日となります。

ほとんどの歯科医院が水曜日か木曜日の午後と、日曜日、祝日が休診となっています。

土曜日は、午後が休診になっている歯科医院もあれば、平日と同じように開院しているところもあります。

しかし、最近は24時間体制の歯科医院や土日祝日でも診療を行っている歯科医院も増えています。このような歯科医院では、勤務時間や休日が固定されておらず、シフト制になる場合もあります。

土日勤務の場合は、休日出勤手当が支給される場合もあったりと歯科医院によって条件が異なりますので、求人に応募する際には、診療時間や勤務体系をしっかり調べてから応募しましょう。

仕事体験談