歯科助手になったきっかけ (体験談)

私が歯科助手になろうと思ったのは、実際に私が歯科医院に通院するようになったときです。それまで、歯科医院は『怖い』という印象がありました。きっと皆さんもこのような気持ちを持っていることだと思います。

そんな気持ちを失くしてくれたのが、通院した歯科医院です。今までいくつかの歯科医院を利用しましたが、その歯科医院は他の歯科医院と違うところが多々ありました。

歯科助手という仕事を意識したのもこの時です。とても親切な歯科助手の方で、不安感もなく、安心して利用することができました。

それから、こんな親切な歯科助手になりたい!私のように歯科医院に対して悪いイメージを持っている人に良い印象を持ってもらいたい!という気持ちになり、歯科助手になりました。

私の周りの歯科助手に『歯科助手になったきかっけ』を訪ねてみました。色々なきっかけがあったので紹介します。

・白衣が着られるから
・特別な資格などが、必要ないのでなりやすいと思ったから
・昔虫歯になってお世話になったので、恩返しのつもりで
・家族に歯科医院で働いている人がいて勧められたから

など、いろんな声を聞くことができました。

このように、歯科助手になるきっかけは十人十色です。みなさんは歯科助手になろうと思ったきっかけは、どういう内容ですか?きっかけはどうであれ、歯科助手になりたいという気持ちを大切してください。

仕事をしていると、いろいろと辛いこと・苦しいことが出てきます。そんな時に初心に戻るということがとても大事になります。今持っている気持ちを忘れないようにしましょうね。

仕事体験談