歯科助手の患者さんへの対応の仕方

歯科助手が患者さんとお話するのは診察室の中だけとは限りません。歯科助手の仕事が多岐に渡るのと同様に、いろいろなシーンによってそれぞれ適切な対応が求められます。

受付での対応

歯科助手というと歯科医師の横で診療をサポートするだけの仕事だと思われる人も多いのですが、そうとは限りません。

歯科医院が受付業務限定のスタッフを雇用していない場合は、歯科助手が受付業務も担当します。

来院した患者さんの診察券を受け取る、会計、次回の予約が主な患者さんへの対応業務となります。

一つひとつは単純な業務ですが、患者さんの名前の読み間違い、予約の取り間違いなどがあると歯科医院そのものが信頼を失ってしまうこともあるので丁寧な対応を意識しましょう。

電話での対応

歯科医院の診療は、内科や外科などの一般的な医療機関と違って予約制をとっているところがほとんどです。

そのため、患者さんは電話で事前に予約をしてくださいますので、社会人として、常識のある言葉遣いと態度などの電話応対のスキルが求められます。

電話は受付に設置してあることが多いので、受付業務を担当するときに併行して対応します。

患者さんから電話がかかってきたら、名前、診察券の番号、そして診察予約なら都合の良い日時を調整するなど詳しい要件を尋ねます。

間違いがないようにメモをとり、復唱するなどして患者さんと確認しながら対応しましょう。

受付では、歯の強烈な痛みを訴える患者さんや、詰め物がとれて困っている患者さんなど、急患の人の対応もしなければなりません。

そのときの予約状況を見て、難しそうであっても急患の場合は受け入れることも多いので、自己判断で断らずに、歯科医師や歯科衛生士など他のスタッフにも確認してから対応するようにしましょう。

また、時には苦情やクレーム対応をするときもあります。院内のマニュアルがある場合はそれに合わせますが、マニュアル化されていない場合でも嫌がらずに丁寧に相手の話を聞く姿勢が大切です。

歯科助手は歯科医院の看板

歯科助手は、歯科医師のように診察室にずっといるのではなく、受付にも診察室にも出入りする仕事です。

とくに受付業務は、患者さんと初めて会話し、治療の最後にも会話するため、その歯科医院のイメージを決める重要な職業です。

つまり、「歯科医院の看板」ともいうべき存在が歯科助手なのです。

ですから、患者さんへの対応の仕方は常に気をつける必要があります。優しく丁寧な対応と笑顔、そして気遣いのできる歯科助手になれるよう心がけましょう。

仕事体験談