歯科助手の1日

ここでは歯科助手の1日の仕事の流れをまとめます。

歯科助手の1日の流れ

一般的に、歯科医院での勤務時間は、準備や片付けの時間を含めて、診察時間の前後1時間程度となります。

たとえば9時から18時が診察時間であれば8時半頃に出勤し、残業がなければ19時頃に帰宅できるということになります。

8:30 出勤、準備

診察開始時間の約30分〜1時間前に出勤し、白衣に着替えたら設備機器の電源を入れ、診察に必要な器具を揃えます。

院内や外回りの掃除もおこないます。

9:00 午前診療

午前の診療がスタートしたら受付、診察台への案内、治療のサポート、会計、次回予約などその時に応じた仕事を順次おこないます。

午前診療の終了は12〜13時頃です。

12:00 休憩

歯科医院や個人病院は、午前の診察が長引くことも多いので、お昼の休憩が長めに設定されているのが特長です。

午後の診察が始まるのは2時〜3時頃となります。

14:00 午後診療

午前と同様に診察がはじまったらそれぞれの患者さんに応じた対応をします。

19:30 業務終了

18時〜19時頃に最後の患者さんの診察が終了したら、片付け、明日の準備などをします。カルテや書類の整理、その日の売上(診療報酬)チェックなどもすることもあります。

歯科助手は拘束時間が長い

歯科医院によって待遇や勤務時間は異なりますが、基本的に医療機関に勤務する場合、実働時間は8時間であっても拘束時間が長い場合があります。

これはお昼の休憩が長いためです。一般企業であれば1時間の休憩ですが歯科院などの医療機関はほとんどが2時間程度とっています。

午前診療の患者さんの治療が長引いたり、午後診療の患者さんが早めに来院することが多いので、長めにとってあるのです。ですから、実際は2時間休憩ができない日もあるということを覚えておきましょう。

しかし、最近は、夜遅くまで開いている歯科医院も増えてきているため、2交代制をとっているところや、夕方からアルバイトを雇っているところなども出てきています。

実際の勤務形態や待遇は歯科医院によって大きく異なりますので、毎日同じような時間帯で働けるのか、シフト制で早番・遅番があるのかなどもチェックしておくとよいでしょう。

仕事体験談