歯科医師の役割

歯科医師の役割

歯科医師は医業の中でも喉から上の部分、口腔内疾患やそれに伴う顎の骨の異常など、口から顎にかけての部分に特化した分野の医師です。

役割として求められることは主に歯科疾患、口腔内疾患の予防や治療で、大手病院であればその他に手術を伴う疾患の根治が加わります。

近年は特に予防歯科に力を入れる医院が増え、歯科医師によっては虫歯治療の他に、乳歯から永久歯への生え変わり、歯並びなどを重点的に見る小児歯科、歯並びや見た目の美しさを大切にする審美歯科や矯正歯科、人口の第三の歯といわれるインプラントに力を入れる歯科医院など、さまざまな医院が増えてきています。

ただ、いずれにしろ歯科医師の大きな役割は、患者さんの歯の健康を保つことと言えます。

小児歯科の役割

小児歯科は乳幼児の虫歯の治療や予防、歯並び、顎の骨の形成状態などをチェックする医院です。

歯医者と言えば虫歯治療が主な仕事と思われがちですが、小児歯科ではフッ素塗布や歯磨き指導、歯の生え変わりや歯並びのチェック、歯列矯正などに訪れる人が多くなっています。

矯正歯科の役割

矯正歯科では、患者さんにワイヤーなどの器具を装着し、時間をかけて歯を正常な位置に移動させる治療や、上顎骨、下顎骨の変形を防ぐことで、審美性や顎を含めた口腔機能の回復、異常成長の予防などを行います。

歯列矯正を必要とする不正咬合は、さまざまな疾患や機能障害の原因となるため、これを取り除く意味でも矯正歯科の役割は大きいと言われています。

審美歯科の役割

審美歯科は、美しく健康的な歯を保つことを重視する歯科です。診療内容には、歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、特殊材質による人工歯の埋め込みなどがあります。

インプラント外来歯科の役割

インプラント外来を持つ歯科では、虫歯や歯周病などで歯を損失した患者さんに、人工の第三の歯であるインプラントを埋め込む手術を行います。

仕事体験談