歯科医師(歯医者)の仕事内容

歯の健康を取り戻す

一般的な歯科医院に勤務している歯科医師の場合、仕事内容は、患者さんの歯の治療、口腔内疾患の予防などが主な仕事になります。具体的にあげますと、虫歯や歯周病、その他歯や歯茎に関する疾患の治療、親知らずの抜歯、歯石の除去、入れ歯や義歯の作成などです。

歯医者の仕事は歯の治療だけではなく、口の中や舌に関する病気全般、ときにはあごの病気も歯医者のカバーする領域です。たとえば、口の中にできるガンの早期発見などは歯医者の大切な役割の一つです。

また、小児歯科のように小児を中心に扱う歯科の場合は、成長に伴う歯並びや顎の骨の形のチェックを行いますし、歯列矯正に力を入れている歯科医院もあります。

この他にも、歯並びやホワイトニングなど歯を綺麗に見せることに重点を置く「審美歯科」を専門にしている歯医者もあります。歯の矯正やホワイトニングによって、歯を美しく見せたいという要望に応えます。

また、「人工の第三の歯」と言われるインプラントに力を入れている医院もあります。

こういったさまざまな技術を駆使して患者さんの口腔内の健康を取り戻す。これが歯科医師の仕事です。

開業医は経営者としての能力が必要

開業医として歯科医院を経営する場合は、歯科医師の能力はもちろんのこと、病院運営をする上での経営能力を身に着けていなければなりません。

たとえば、人を指導する能力、人を扱う能力、金銭管理能力、マネジメント能力、先を見通す力などです。こういったものを持たずに安易に開業した場合、その後うまく立ち行かなくなり、廃業という憂き目にあう場合があります。

大手総合病院では高度な治療を行う

歯科医師は歯や歯茎の治療をするものだと思われがちですが、実際には喉の上までが歯科の領域になります。

そのため、大学病院や大手総合病院では舌癌など舌の疾患の手術、口唇口蓋裂に伴う手術など、時には全身麻酔を使い数時間に渡る手術を行います。

歯科医院勤務だけが歯医者の仕事ではない

歯科医師として歯科医院や総合病院で働く以外にも、以下のような道があります。
・大学や研究所での研究医
・総合病院での病理医(口腔病理専門医)
・歯科麻酔専門医
・画像診断センター開業及び勤務
・厚生労働省医系技官
・化粧品会社や製薬会社での勤務

施設・業務別歯科医師数

診療所の開設者が59,750人、診療所の勤務者が27,074人、病院の勤務者が12,141人となっています。診療所の開設者が最も多く、多くの歯科医師が独立しているといえるでしょう。
施設・業務の種別にみた歯科医師数_26

仕事体験談