歯科医師の志望動機・例文

志望動機はさまざま

歯科医師を志望する動機は、人によってさまざまです。虫歯の予防や治療に主眼を置いている人から、歯列矯正など審美歯科を中心に考える人、子供を扱う小児歯科が良いという人など、歯科治療の目的や方法も人によって異なります。

面接前には、自身の得意分野や興味のある分野をしっかりと見定め、そこをアピールポイントとして持ってきましょう。

志望動機の例文

「歯は人が健康を維持する上で欠かせない大切な部位です。現代は長寿社会となり、益々歯の健康が大切になりました。私は人が生活をする上で一番不都合を感じやすい歯の専門医として、一人でも多くの患者さんの機能を回復し、心から喜ばれるような医師になりたいと思っています。

そのために、貴院で諸先生の指導を仰ぎ、勉強を重ねていく所存です。歯科医師は常に技術の研鑽、自主的な勉強が必要な職業だと思っています。精神的、体力的にハードな仕事であるとも言われますが、努力を怠ることなく、患者さんの立場に立った治療ができるよう心がけていきますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。」

志望動機で大切なこと

歯科医師の採用試験は地域によっては狭き門となる場合があります。

漠然と「歯科医師になりたい」というだけでは面接に通りませんので、なぜ歯科医師を志したのかという基本的な部分の他、良い歯科医師となるために自主勉強を欠かさない気持ちがあること、先輩医師の指導は素直に聞き入れて精進する気持ちがあることをアピールしていきましょう。

仕事体験談