歯科医師の面接

面接官が見極めたいこと

面接場所が大手歯科医院か小規模歯科医院かによって若干異なりますが、基本的に面接官は歯の治療に対する真剣さ、手先の器用さ、丁寧さ、院内のスタッフとうまくやっていく協調性があるかを見極めようとします。

また、スキルアップのために自主的に勉強をすることを厭わないかも見ようとします。ですので、面接では誠実で真摯な受け答えと、相手の話を聞いてしっかりと会話をすることを心がけましょう。

立ち振る舞いに気を配る

歯科医師は細かなことに気がつくことや手先の器用さが求められます。手先の器用さは努力でカバーできるとしても、細かなことに気がつかない人では患者のニーズや疾患の根本原因を見落としてしまうことがありえます。

そのため、厳しい面接官の場合は、面接会場に入ってきて椅子に座る動作や面接時の行動、ちょっとした仕草などにも目をやります。そういう立ち振る舞いから、細かなことに気がつく性格か大雑把な性格かを見極めようとするのです。

笑顔や明るい雰囲気を大切にする

歯科医師は患者さんと接する仕事ですから、話しやすい、優しそうといった雰囲気があるほうが早い段階で患者さんと打ち解けやすく、治療がスムーズに進みます。

もちろん、これがすべてではありませんが、接客の基本として心がけておくほうがよいと言われています。これは面接官も意識してチェックする場合が多いです。

面接時にはできるだけ笑顔を心がけ、明るい雰囲気やハキハキとした態度、または分かりやすい口調や話し方を心がけるようにすると良いでしょう。

仕事体験談