歯科医師の勤務時間、休日

勤務時間は決まっている

開業医や歯科医院への勤務医の場合は、病院の開業時間が決まっているため、基本的には8時〜19時ぐらいの勤務となります。一部の歯科医院では、夜間の対応をしなければならないときがありますが、定時に出勤し帰宅する場合がほとんどです。

治療も大抵の場合は予約制で、時間ごとの患者数が決まっているため終了時間が大幅にずれることは滅多にありません。

参考までに、一般的な勤務医、開業医の勤務時間例を下記にあげます。

【勤務時間例】
8:20 出勤
8:30 準備、全体ミーティング
9:00 治療開始
12:30 午前の治療終了
12:30〜14:30 休憩、資料作り
14:30 準備、全体ミーティング
15:00 治療開始
18:30 午後の治療終了
19:30 帰宅

※平日夜に学会や研究が入る場合もあります。

歯科医師の休日

一般の歯科医院の場合は、水曜日・土曜日の午後と日曜日が休日となります。しかし実際には、水曜日の午後は学会や研究会などの予定が入り、実質的な休みは土曜日の午後と日曜日となる場合が多いようです。

歯科医師は大病院勤務の場合を除いて、当直や休日出勤というものはありません。しかし、地域によっては休日に急患を診療するための当番医制度を設けている場合もあり、年に数回程度順番で休日にも歯科医院を開ける場合があります。

仕事体験談