結婚、子育てしながら歯科医師として働ける?

結婚後も活躍している女性歯科医師

顎や口腔内の手術をするような大病院の場合は別ですが、それ以外では当直勤務や時間外勤務がほとんどないため、歯科医師は他の医師に比べて結婚後も続けやすい職業だといえます。

実際、結婚後も歯科医師として活躍している女性医師は多く、中には開業医としてがんばっている人もいるほどです。

ただ、残業がないと言ってもゼロではなく、患者さんのカルテや治療計画の作成、治療方法の勉強や研修会など、時には残業や自主勉強(学会、研修会への出席含む)が必要な場合もあります。

そのため、結婚後も常勤医として勤務するには、その点について理解のある伴侶を持つことが大切になります。

パート勤務の女性医師

子育てを優先したいという女性医師の中には、午前中だけ、午後だけ、曜日限定で、という形でパート勤務をする人も多くいます。

複数名の歯科医師が勤務する歯科医院ではパート勤務の歯科医師を募集しているところもありますので、出産後も歯科医師を続けたいという人は、パート勤務として家庭に負担にならない程度に働くというのも方法のひとつでしょう。

空き時間を有効活用

歯科医師の勤務時間はほぼ一定のため、自宅が勤務場所から近ければ昼休憩の間に一度戻り、夕食の支度をすることができます。

多くの歯科医院の場合は、午前の診療と午後の診療の間に2〜3時間の空き時間がありますので、それを有効活用すれば家庭と仕事を両立することは難しくありません。

仕事体験談