歯科医師の独立・開業

歯科医師の独立・開業

歯科医師は他の医師に比べて独立開業しやすい職種です。しかし、独立開業したからといって、その後順調に医院経営が成り立つわけではありません。

多くの場合、保険診療内での治療では医院経営が成り立たず、歯科衛生士を最低限の人数にしたり、保険点数外の治療を積極的に取り入れたり、1日に多くの患者を診療したりして利益を確保しています。

しかしながら、医療機関の年間倒産数の約4割を歯科医院が占めるとも言われるほど厳しいのが実情で、安易に独立開業をしても経営を軌道に乗せるまでには長い年月がかかります。

多額の資金が必要

歯科医師として独立開業するには、少なくとも3,000万円以上、通常ならば5.000万円は必要だといわれます。これに土地代、もしくはテナント賃料が含まれる形になります。

ただ、内装にこだわったり、デジタル機材にこだわったりすると、たとえば、ウォーターレーザーで1,000万、CTで3,000万というように、更に高額な費用がかかります。

また、機材は永年使えるものではなく、故障や性能の良い新商品への買い替えなどで十年も経てば追加費用が発生する場合がほとんどです。

内装もずっとそのままで良いというわけではなく、5年〜10年ごとに壁紙を張り替える、外壁を塗り替えるなどリニューアルをする必要があります。

もちろん、ほとんどリニューアルをしない歯科医院もありますが、あまりにもみすぼらしい医院ですと、近所に新しい歯科医院ができた時に患者さんが流れてしまうことがあります。

そのため、定期的なリニューアルは、歯科医院として必要だといわれています。

銀行の融資を受けにくい

地域によっては少し歩けばすぐに別の歯科医院が見つかるというように、あちこちに歯科医院があるため、新規開業をしても顧客を獲得するのが困難だといわれています。

また、倒産する歯科医院の多さから、よほど堅実な返済計画を建てないと銀行側が貸し渋りをする場合があり、近年では自己資金なしでの独立開業は難しいというのが一般的な認識です。

コンサルタント会社に頼る歯科医師

歯科医師として独立開業をしても医院を軌道に乗せるのが非常に大変であることから、歯科経営コンサルタント会社にお金を払い、指導を受ける風潮が広まってきています。

しかしながら、歯科経営コンサルタント会社と言ってもピンきりであり、また歯科経営コンサルタント自体、経営のプロであっても歯科の内情にそこまで詳しくないということもあります。

経営知識を知る上でコンサルタント会社に頼るのは良いですが、独立開業を目指すなら、自分自身が経営の勉強をする努力が必要です。

仕事体験談