歯科技工士の現状と将来性

歯科技工士を取り巻くさまざまな環境

歯科技工士を取り巻く環境は複雑で厳しい状況が続いているのは事実です。とくに長時間労働のわりに給与面でそれほどの恩恵を受けられない傾向が強いため、若い世代が歯科技工士になろうとする就職率の低下とともに若者従事者の離職率アップが心配されています。

現在、歯科技工士として活躍している人は40〜50歳代以上が多くなっており、反対に新卒者や20〜30歳代といったこれからの歯科技工業界をリードしていくような人材が不足しています。

したがって、このままの状況が続いてしまうと、歯科技工士の人数そのものがいなくなってしまうおそれがあり、法律を整備して労働環境を向上したり若い世代の育成に努めたりする必要が叫ばれています。

アジアからの輸入に押される

現状が厳しくなってしまった理由の一つとして、日本国内だけでまかなっていた歯科技工の仕事や材料がアジア各国から安い輸入の技工物に取って変わってきたという事実があります。

法律上も問題があるのではないかという考え方もあるようですが、海外からの歯科技工物の輸入をはっきり禁止した法律はないためどんどん価格競争に押されています。

そういった現状を踏まえると将来性を確かなものにするためには、歯科技工士一人ひとりのスキルをアップして、海外に負けない精度の高いものを目指していくことが大切でしょう。

自分の腕を常に磨いていて、歯科医師から求められるような仕事を継続していくことで歯科技工業界全体の将来が明るくなるはずです。

世界での活躍

一方で、日本の歯科技工士の技術が認められつつあるのも事実です。高い技術をもった日本の歯科技工士が、海外で働くというケースもあります。

簡単な技術で作成できるものは、アジア各国で作られていく流れにあります。国内、海外問わず、今後はより高いレベルの技術を取得した歯科技工士が活躍していくことになるでしょう。