歯科技工士の面接

相手が何を求めているのかを理解しよう

歯科技工士が働く場所として一般的なのが歯科技工所です。歯科技工士全体の7割がなんらかの技工所に所属しているといわれています。

歯科技工士は医療専門職ですので就職先も特殊と思う人もいるようですが、就職活動に関しては一般企業にアプローチする場合とほとんど変わりはありません。

ハローワークや学校の紹介などで応募先が決まったら応募書類を提出します。多くの歯科技工所では書類選考を実施しており、書類選考通過の連絡が届いたら面接に行きます。

面接では第一印象でほとんど決まると言われています。面接官は数多くの応募者と接してきているので、最初の印象で相手がどういう人物なのか判断します。

歯科技工士は歯科医院への営業活動を行うこともあるため、爽やかな明るい印象を与えることは仕事をしていくうえでも大切なのです。

面接で気をつけたいことは?

技工所の状況もさまざまですので、しっかりとした事前準備を行いましょう。応募する技工所の概要や求人内容についてはきちんと頭に入れておくことが肝心です。

そのうえで、面接官からどのような質問がされるか予想しながら自分なりの回答を考えておきましょう。

また、多くの面接では最後に、質問を求められることがあります。積極性をアピールするためにも事前準備で疑問に思ったことなどを効果的に尋ねてみましょう。

また、面接では自分が努力をして知識や技術を身につけようとする姿勢を示すことも大切です。

歯科技工所の多くは小規模で運営していますので、新卒者であってもなかなか丁寧に教育をしてもらえるとは限りません。積極的に学んで早く仕事で成果を出すのだという熱意を相手に感じさせることができれば、面接もうまくいく確率が上がります。