photo_1

歯科技工士上林 知佳さん

1991年生まれ、埼玉県出身。埼玉歯科技工士専門学校にて歯科技工士免許を取得後、同学校の専攻科に進学。卒業後、株式会社テクニカルセンターに入社。月刊「歯科技工」にレポートを寄稿するなど社外でも活躍。

座右の銘:歳月不待

仕事内容を教えて下さい。

歯科技工所である株式会社テクニカルセンターにて、歯科技工士として働いています。歯科技工士とは、歯科医院から依頼を受け、義歯や入れ歯、詰め物などを作成する仕事です。

具体的な作業としては、歯型の模型の準備、パソコン(CAD、CAM)での設計から削りだし、形成や研磨、製作物の最終調整や納品など、ひと通りのことをしています。

今年の4月に入社したばかりなのですが、手を挙げれば挑戦させてくれる会社ですので、歯科技工に関わる幅広い仕事を担当させていただいています。

1日の仕事の流れはどのようなものでしょうか?

会社に出勤するのは8:30。宅配便でその日に作業するものが届くので、仕分け作業をし、その後、模型の作成をします。

午後はCAD、CAMでの設計をし、15時ごろから金属研磨などを行います。それから先輩に教えてもらいながら作業修正などをして、1日の作業が終わります。

退社するのは定時の17:30ごろが多いです。

歯科技工士は勤務時間が長いというイメージがありますが、定時で帰れるのでしょうか?

photo2

もちろん作業が残っているときは残業することもありますが、基本は定時です。

作業量が少ないというわけではなく、会社のみんなが定時で終わらせるという意識をもって、集中して仕事に取り組んでいる結果だと思います。

大きな声では言いにくいですが、私自身も「定時退社」を仕事のモットーにしています(笑)

時間をかければ良い物ができるというわけでもないので、限られた時間内でしっかりと仕事をして、早く帰るのがカッコいいと思っています。

休日はどのように過ごしていますか?

月に6休プラス祝日がお休みなのですが、カメラが好きなので、一眼レフを持ち歩いて景色を撮影したりしています。先輩たちとどこかに出かけることもありますね。

セミナーに出席して勉強することもあります。