歯科技工士は結婚、子育てしながら働ける?

ハードで長時間労働なので厳しい一面も

歯科技工士は給料が高くないわりに労働時間も長く、さらに歯科技工所の多くは個人事業主や小規模な会社なので福利厚生などもあまり期待できないのが現状です。

男性が歯科技工士の場合も将来的に収入面で家族を養っていけるかという心配があります。また、ハードな仕事が続きますので、結婚してから家事を手伝ったり休日をしっかりと過ごすというのもなかなか難しいようです。

しかし、最近の歯科技工士不足によって、一部の歯科技工所では主婦が短時間勤務をしているケースも出ているようです。

結婚前に高い技術を持っている人であれば、ブランクがあっても復帰しやすい可能性があるので諦めずに積極的に歯科技工所を当たっていくと良いでしょう。

制度が整っている職場もある

歯科技工所で働く歯科技工士は約7割ほどとなりますが、大きな歯科医院や大学病院の歯科技工士室で働く人もいます。

人気が高く就職は難しいですが、そういった事業所であれば勤務時間も比較的決まっていたり、給与面や待遇面でもしっかりしています。また、出産休暇や育児休暇制度が用意されている職場もあります。

歯科技工士の仕事は自分の腕でこなしていく性質のため、結婚や子育てによって一旦現場を離れてしまうと、復帰後にブランクの穴を埋めるのが大変だった、という主婦の声もあります。

パートタイムで仕事を続けられないか相談するなど、頑張って腕を落とさないように仕事を続けられるようにしたいものです。