歯科技工士の1日

歯科技工所で働く場合の主な日常

普段、歯医者さんで出会うことがない歯科技工士という職業だけに、どんな一日を過ごしているのか興味があるところでしょう。

歯科技工士というと一日中、朝から晩まで部屋にこもって入れ歯や詰め物など、歯科技工物を作り続けている、といった印象を持つかもしれませんが、それだけはありません。

技工所によっては患者さんと触れ合うこともあったり、営業活動で外回りをするシーンもあり、専門の歯科技工のお仕事以外にもいろいろな業務を行なっています。

ある歯科技工士の一日

大きな歯科技工所になると営業担当がいる場合もありますが、小規模な技工所では歯科技工士さん自ら取引先の歯科医院を回ります。営業活動には仕上がった歯科技工物の納品をはじめ新しい注文を受けるため歯型を取った模型を回収したりします。

営業周りで患者さんと触れ合うことはありませんが、複雑な依頼を受けて実際の患者さんの口内の様子を確認させてもらう必要があるときや、装着するときの印象を聞く場合に立ち会うことがあります。

また、歯の色調を記録する必要があるときにはデジタルカメラで撮影したり目でチェックしたりして患者さんの希望に沿っているか確かめながら要望を引き出します。普段、患者さんと出会うことがない歯科技工士にとってダイレクトに生の声を聞くことができる貴重な機会です。

歯科技工所に帰ると、受けた注文の仕事をこなしていきます。最近は噛み合わせを重視する傾向にありますので、とくに理論的なことからしっかりと組み立てて仕事をしていきます。

また、患者さんの年齢や性別をチェックして、入れ歯や義歯が浮き立たないように注意しながら製作していきます。その他、歯科技工の講習を受けに行ったり、一般市民向けの啓発運動に携わったりもします。