夜間や通信で歯科衛生士の資格は取得できる?

通信教育のみでの資格取得は不可能

仕事をしていたり、育児などで時間がとれなかったりする人にとっては、3年間も続けて学校に通うのはとても難しいものです。しかし残念ながら、歯科衛生士は通信教育のみで資格を取得することができません。

というのも、国家試験の受験資格として「文部科学省や厚生労働省が定める歯科衛生士養成機関で3年以上修業すること」といった条件があるため、学校に通わない学び方では試験すら受けられないのです。

歯科衛生士は、口腔や健康に関するさまざまな専門知識を身につけなければなりません。また、現場で即戦力となれるように、学校では臨床実習もたくさん行われています。

たしかに通信教育が使えれば理想的ですが、歯科衛生士の場合、学校でなければ身に付かないことがたくさんあるのです。

夜間部のある学校

では、どうしても昼間に都合がつかない場合、歯科衛生士になることを諦めなければならないのでしょうか?

数はそれほど多くありませんが、歯科衛生士専門学校の中には、夜間部を置いているところもあります。これらの学校で学べば、昼間に通うのと同様に、歯科衛生士の国家試験も受験することができます。

基本的に夜間部も3年制ですが、1日の授業は2コマ、計3時間程度になっているため、昼間に働きながらでも無理なく通学が続けられるはずです。

どの学校でも短時間で必要なことをしっかり学べるような、効率的なカリキュラムが組まれています。ただし、昼間部とはサポート内容などが異なる点もあるため、両者のカリキュラムをよく比較してから決めるのがよいでしょう。

仕事体験談