歯科衛生士の資格

歯科衛生士の資格とは?

歯科衛生士の仕事に就くためには、歯科衛生士の国家試験を受けて資格を取得する必要があります。この国家試験は誰でも受けられるものではなく、高校卒業後に文部科学省や厚生労働省が定める歯科衛生士養成機関に入り、3年以上修業する必要があります。

このような養成機関としては、国立・私立大学歯学部付属の学校(大学・短期大学)や専門学校など、全国に数多くの学校がありますが、多くの人は専門学校もしくは短大で学んでいます。

なお、国家試験の合格率は毎年95%程度を維持しており、在学中の勉強をきちんとしていれば、国家試験に合格することはそう難しいものではありません。資格を取得した後は、学校に届く求人情報を中心に就職先を探すことになります。

一生モノの資格

歯科衛生士の資格の特徴は、一度取得すれば永久的に効力を失うことのないという点です。そのため、就職後にもし何かしらの事情で退職したとしても、再び歯科衛生士としてすぐに職場復帰することも可能となっています。

もちろん、いくら資格があっても経験に見合う技術が身に付いていなかったり、スタッフや患者さんとのコミュニケーションが下手であったりすれば、どんな職場であろうと仕事を続けていくのは難しいです。

また、歯科診療技術などは時代とともに少しずつ変わりゆくため、ブランクがあれば講習会などに参加して再度勉強しなければならないこともあります。

資格を取ったから一生安泰というわけではありません。しかし、向上心を持って仕事に取り組む姿勢があれば、国家資格を持っているということは大きな強みとなるでしょう。

仕事体験談