認定歯科衛生士とは?

認定歯科衛生士とは

近年では、審美歯科、矯正歯科など歯科医院(歯科医師)も専門化が進んでいます。診療補助業務をおこなう歯科衛生士も、歯科医師の専門性についていけるように、自己研鑽が必要な時代がきています。

認定歯科衛生士とは、特定の専門分野において高度な知識と技術を身につけたと認められた歯科衛生士のことです。

医療は日々進歩していますから、国家資格を得たらそれで終わりではありません。最新の知識、技術を学び続ける姿勢は、歯科分野の専門職である歯科衛生士にも必要なことです。

認定歯科衛生士の種類

ここでは、認定歯科衛生士の種類をいくつかご紹介しましょう。

・日本歯周病学会認定歯科衛生士(日本歯周病学会)
・インプラント専門歯科衛生士(日本口腔インプラント学会)
・日本歯科審美学会歯科衛生認定士(日本歯科審美学会)
・ホワイトニングコーディネーター(日本歯科審美学会)
・日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士(日本成人矯正歯科学会)
・日本小児歯科学会認定歯科衛生士(日本小児歯科学会)

以上の6つが、歯科衛生士と連携して認定資格制度をおこなっている代表的な歯科学会です。

その他にも、日本歯科衛生士会が認定する認定歯科衛生士制度もあり、歯周病に特化した認定資格と、嚥下・摂食など介護分野に特化した認定資格があります。

認定歯科衛生士を得られる資格(受験資格、実務経験など)や、認定の方法、登録料などは、それそれの認定資格によって違いますので、それぞれの歯科専門学会のホームページを見てチェックしましょう。

歯科衛生士の国家資格さえあれば、もちろん歯科衛生士としてどんな歯科医院でも働くことができます。

しかし、医療でも専門化が進み、専門医の認定が当たり前の時代になっていますし、歯科でも専門化が進んでいます。

こういった時代背景もあるため、自己研鑽の意味で認定資格を勉強するのも、学び続ける姿勢と向上心をキープするための方法の一つです。

仕事体験談