歯科衛生士になるには

国家資格が必要

歯科衛生士は歯科医師のサポートをする仕事です。歯科助手とは違い、患者さんの口の中に直接手を入れ、むし歯や歯周病予防の処置を行うことができます。

たとえば歯石を取るクリーニングやフッ素の塗布です。また、患者さんに対して正しい歯磨き方法や生活習慣の改善指導をすることができ、医師が行う抜歯の補助に立ち合うことも数多くあります。

そのため、資格や経験がなくてもなれる歯科助手とは違い、歯科衛生士は国家資格を取得することが義務付けられています。では、歯科衛生士になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

歯科衛生士養成教育機関

国家試験を受けるためにはまず、歯科衛生士の勉強ができる教育機関に通わなければなりません。高校卒業後、厚生労働省と文部科学省が認定する歯科衛生士養成の専門学校や短期大学に通い、3年間勉強をします。

養成機関の修業は平成17年4月1日より以前は2年以上と定められていましたが、以降は3年以上となり現在に至ります。これは講義と実習の資質の向上のためと言われています。1年目は講義中心、2年目は基礎実習、3年目は応用的な内容の実習となります。

多くの人は専門学校もしくは短大で学びますが、広島大学歯学部口腔健康科学科など、歯科衛生士の試験が受けられる4年制大学も全国に数校存在します。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士の国家試験について

3年間勉強をした後は国家試験です。毎年3月に実施されており、試験内容は歯科に関する知識以外に人体の構造・機能についても出題されます。

国家試験の合格率については日本歯科衛生士会によると例年95%以上という統計が出ているので、養成学校で知識と技術をきちんと勉強すればほぼ合格できるでしょう。

歯科衛生士になるには国家資格取得が必須となりますが、取ったら安心というわけではありません。合格をしてからが本当のスタートラインであると言えます。

歯科衛生士の資格・歯科衛生士国家試験

なお、歯科衛生士として5年以上の臨床経験があると、ケアマネジャーの受験資格を得ることができます。
ケアマネジャーの仕事

歯科衛生士に求められる能力

手先の器用さ

口の中の作業を行うため、手先が器用であることが必要です。狭い空間で正確な作業ができなければなりません。

親しみやすさ

歯医者には子どもからお年寄りまでさまざまな世代の人が訪れます。施術に不安を持った患者に対して、安心感を与えることのできるような、親しみやすさが求められます。

歯科衛生士の展望

高齢化社会

高齢化社会が進んでいく中で、高齢者に対する取り組みが増えてきています。

自宅や福祉施設に訪問し老人の口内のケアをする試みなど、歯科衛生士の役割は高まってきています。

専門化

歯科衛生士に専門的な知識が求められるようになってきており、4年制の大学で歯科衛生士の課程を学ぶ人が増えてきています。
より専門的な知識が必要な「認定歯科衛生士」という資格もあります。

男性の歯科衛生士

歯科衛生士は従来女性のみの資格でしたが、近年男性も資格をとることができるようになりました。しかしながら、まだ男性を受け入れている学校は少ないのが現状です。

歯科衛生士のデータ

歯科衛生士数の推移

歯科衛生士の数は一貫して増え続けています。平成26年時点での歯科衛生士数は116,299人となっています。
歯科衛生士数の推移_26

年齢別の歯科衛生士数

年齢別の歯科衛生士数は25歳〜29歳が最も多く19,587人となっていますが、30代以降で働く人も数多くいます。
年齢別の歯科衛生士数_26

仕事体験談