歯科衛生士の魅力

国家資格が必要な仕事

歯科衛生士は国家試験に合格し、歯科衛生士の資格を取得することでなれる職業です。専門性が高く、健康増進法といった法律により活躍の場が認められています。

近年、少子高齢化の問題や健康・美容への関心の高まりにより、歯科衛生士の需要がますます高まっています。では、歯科衛生士として働く魅力には何があるのでしょうか。

多くの患者さんとの触れ合い

歯科衛生士は歯科医師と同様、患者さんの口の健康を直接サポートすることができます。主に歯周病やむし歯の予防、歯石や歯垢除去、歯磨き指導が歯科衛生士の主な役割です。

子どもからお年寄りまで、さまざまな年代の患者さんを診るので、コミュニケーション能力が向上します。また、不具合を訴えて来院した患者さんの口の中が改善されていくのを診ることができ、直接患者さんから感謝の言葉をもらえる機会がとても多いです。

歯を健康で長持ちさせることの大切さ、噛めることの素晴らしさを患者さんと一緒に分かち合えることが歯科衛生士の魅力です。

求人が比較的多い

近年では、長く不景気ということもあり大学を卒業しても就職先が見つからない学生もいるのが現状ですが、医療分野である歯科は患者さんがいる限り需要があり、歯科衛生士の存在は必要不可欠です。歯科医院の数も非常に多く、比較的求人は安定しています。

しかし、歯科医院の競争は激化しており、来院患者数やスタッフ数などにより歯科医院間で経営状態が異なります。給与についても差があるので、面接の際によく確認しましょう。

資格を活かせる

歯科衛生士という国家資格は一生ものですので、結婚や出産を機に一度辞めても、積み重ねた経験を生かして、社会復帰する人も多くいます。歯科衛生士の雇用形態もさまざまで、正社員・派遣社員・パートといった選択があり、家事や育児との両立が可能なのが歯科衛生士の魅力です。

歯科衛生士は患者さんの口の中の健康を直接サポートし、ライフスタイルに合わせて働ける魅力ある仕事です。

仕事体験談