歯科衛生士の大変なこと、苦労

人間関係が大事

個人開業の歯科医院で働く場合には、歯科医師である院長の指示に従って働くことになります。

同じ歯科衛生士としての仕事をまっとうするにしても、医院によってコンセプト(審美歯科専門、予防に力を入れるなど)も違えば、業務の進め方や院長が求めることも異なるのが普通です。

また、他の歯科衛生士や歯科助手、受付スタッフなど複数の人と一緒に働くことが多いため、スタッフ同士の人間関係の構築やコミュニケーションは非常に重要なものとなります。

ただし人間である以上、どうしても自分と合う、合わないといったことも出てくるでしょう。もし仲間とのコミュニケーションがうまくとれないと、仕事そのものが大変だ、つらいと感じてしまうかもしれません。

患者さんは選べない

患者さんはむし歯などの疾患を治すため、もしくは口の中の健康を目指すために歯科医院に訪れます。

状態が良くなれば患者さんからは「ありがとう」と言われることが多く、それが歯科衛生士の喜びにもなりますが、忘れてはならないのは「患者さんはお客さまでもある」ということです。

もし歯科衛生士が傲慢な態度をとったり、患者さんの不安を助長するような対応をとったりすれば、患者さんはその歯科医院には二度と行きたくないと考えてしまうでしょう。

患者さんは子どもからお年寄りまでさまざまな人がやってきますが、どんな場合でも丁寧に、思いやりの心を持って接しなければなりません。

直接クレームやお叱りを受けることもあるかもしれませんが、謙虚に受け止めて、反省すべきところは反省することも大切です。

経験を通じて身につけられることも多い

口の中の環境や状態は患者さん一人ひとり異なり、実際の仕事を通じて初めて学ぶこと、身につけられることが多々あります。

また、歯科分野の医療技術は年々進歩していくため、日々新しいことを学ぼうとする姿勢が大切です。

仕事に就いてからも勉強を続けるのは大変ですが、自分がスキルアップするのをやりがいと感じられるようであれば、早く一人前の歯科衛生士として活躍することができるでしょう。

仕事体験談