歯科衛生士の勤務時間、休日

勤務時間

歯科衛生士の勤務時間は職場によって違いがあるほか、フルタイムで働く人とそれ以外のスタイルで働く人でも異なります。

歯科医院に勤める歯科衛生士は、各医院の診療時間に合わせて働きます。

朝から夕方というのが一般的ですが、中には仕事帰りの会社員をターゲットに朝から夜遅くまで診療している医院もあり、そのような場合は診療開始の朝から夕方、またお昼休みが終わった午後からラストまで、といったようにシフト制で働く人もいます。

診察時間が決まっているため、残業が続くことはあまりありません。診察が午前と午後に分かれているため、お昼休みが長いことが歯科医院勤務の特徴です。

保健所や介護施設などに勤める場合も、各施設の定める勤務時間に合わせて働きますが、行政施設では、朝9時から17時半までといった勤務時間が多くなっています。

また、フルタイム勤務の場合は実働7.5時間から8時間程度となっていますが、パートタイムで数時間だけ働く歯科衛生士や、フリーランスでいくつもの職場を掛け持ちする歯科衛生士もいます。

休日

歯科医院に勤める歯科衛生士は、歯科医院の休診日が自らの休日となります。日曜日を休診とする医院が多いですが、水曜日や土曜日を休診日にしているところなどもあるなどさまざまです。

フルタイムの場合、週に1日の休診日に加え、交替で休みをとって月に8日程度休んでいる人が多いようですが、完全週休2日制を敷いていることもあります。また、年末年始やゴールデンウィークなどは休診とする医院がほとんどです。

歯科衛生士は基本的に1日に何時間も残業を強いられたり、不規則な勤務時間になったりする仕事ではありません。

決まった休日もきちんと休むことができますが、患者さんありきの仕事であるため、休日が平日になることや飛び飛びになることは仕方ないと考える必要があります。

仕事体験談