歯科衛生士の保健指導

歯科衛生士には大きく分けると3つの大切な仕事があります。

まず、歯科医師の診療補助をおこなう「歯科診療補助」、次に虫歯予防にフッ素塗布をおこなうなどの「歯科予防処置」、そして最後に、歯磨き指導などをおこなう「歯科保健指導」というものがあります。

今回は、この3つの仕事のうち、歯科衛生士の「歯科保健指導」について詳しくご紹介します。

歯科保健指導とは?

虫歯や歯周病といった歯の病気は、生活習慣が影響します。

人が歯の健康を守るために必要なのは、病気になってしまってからの治療よりも、まず病気の予防と生活習慣の見直しをしていくことです。

そのために多くの人に正しいセルフケアや生活指導を専門的におこなうのが歯科保健指導で、歯科衛生士の重要な仕事の一つです。

歯科保健指導は、歯周病予備軍や虫歯になりやすい人だけが必要だと思われる人も多いのですが、健康な歯を持っている人であっても有益です。

妊娠、出産、育児、介護などの各ライフステージにおいて、必要となってくるものだからです。

たとえば、

・妊婦歯科健診
・赤ちゃんの歯科検診や歯磨き指導
・高齢者の訪問介護における咀嚼(そしゃく)
・嚥下(えんげ)機能訓練など食べ方、噛み方の指導

などをおこなうのも歯科衛生士の大切な仕事となっています。

歯科医院以外にも活躍の場が多数ある

歯科衛生士は歯科医院しか就職先がないと思われる人も多いのですが、そんなことはありません。

虫歯予防のためのフッ素塗布をおこなう歯科予防処置や、口腔ケアや生活指導をおこなう歯科保健指導という仕事を中心におこなう職場には、保健所や介護施設があります。

また、幼稚園、保育園、小学校では定期的に歯科健診で歯科医師とともに出向くこともありますし、歯科衛生士が中心となって児童に歯磨き指導をおこなうこともあります。

このように、歯科衛生士の仕事は、一般の人が抱いているイメージよりも多岐に渡っており、歯科衛生士の活躍の場は歯科医院だけにとどまらないのです。

歯科衛生士の保健指導は、人が生きていくために重要なことの一つである「食べる」という動作に関わる大切な業務であることを覚えておきましょう。

仕事体験談