派遣の歯科衛生士

現在、歯科衛生士の働き方は多様化しています。正社員以外にもアルバイト(パート)、紹介予定派遣などの働き方があります。

ここでは、紹介予定派遣の歯科衛生士とはどういうものなのか、仕事内容、待遇などについてご紹介します。

派遣の歯科衛生士とは

歯科衛生士で派遣という雇用形態を選ぶということはどのような働き方になるのでしょうか。

実は、厳密には歯科衛生士の派遣は、派遣法で禁止されています。これは歯科衛生士に限らず、医師、歯科医師、薬剤師、看護師なども同じで医療従事者は原則禁止となっているのです。

では派遣の歯科衛生士という働き方は絶対にできないのかというとそうでもありません。

紹介予定派遣という働き方や、常勤の歯科衛生士が産休や育休取得中の間だけの代替要員としてであれば派遣や派遣アルバイトというような形で歯科衛生士として働くことが認められています。

では「紹介予定派遣」とはどういうものなのでしょうか。

紹介予定派遣は、はじめは派遣会社から派遣されることになりますが、一定期間働いたのちに、双方が合意すれば派遣先と直接雇用契約を結ぶというスタイルです。

紹介予定派遣のメリットは、派遣会社に登録すれば、求人を出している医療機関と派遣の歯科衛生士とのマッチングをしてくれるので、求人を自分で探す必要がないことです。

また、勤務条件(勤務時間、時給)などの待遇については書類上で提示されていますが、具体的に交渉をすすめるのは派遣会社がおこなうのが特徴です。

派遣の歯科衛生士の時給、待遇

紹介予定派遣や代替要員としての歯科衛生士の時給は、アルバイトの時給と大差ありません。

しかし、派遣会社のシステムによってはアルバイトよりも高めに求人が出されている場合があります。

これはどうしてかというと、派遣は事務的なコストがかからないためなのです。

歯科医院に限らず、企業が正社員やアルバイトを直接雇うとなると、シフト調整、給与計算、社会保険、雇用保険、有給休暇の調整などが必要となり、多くのコストがかかる上に、これらの事務処理を自分たちでやらなければなりません。

保険料の負担や有給休暇は給与として手にできるお金ではありませんが、雇用先の会社が負担する福利厚生です。直接雇用は、福利厚生を充実させる分、どうしても時給が低くなってしまうのです。

一方、派遣の場合は時間×時給の計算だけをして派遣会社に支払うだけの処理となるため福利厚生は不要であり、採用コストや事務的なコストがかかりませんから時給に反映されやすいのです。

派遣の歯科衛生士の仕事内容

紹介予定派遣の歯科衛生士の仕事内容は、正社員の歯科衛生士の仕事内容とほとんど変わりません。

しかし、派遣期間中は歯科衛生士は、勤務先に直接雇用されている正社員の歯科衛生士には任されている仕事であっても、派遣は業務外であるとして、区別されている場合があります。

派遣の歯科衛生士のメリット

紹介予定派遣の歯科衛生士のメリットは、

・勤務条件に合致したものを選べるということ
・勤務条件などのいい難い交渉は派遣会社が間に入ってくれるということ
・契約期間が決まっているのであっさりとした人間関係で働くことができるということ

などです。

歯科医院に勤務した場合、人間関係に悩む歯科衛生士も多いです。

そのような場合には、歯科医院で実際に働いてみてから雇用契約を結べる「紹介予定派遣」という働き方もあるので求人を探す場合に覚えておくとよいでしょう。

仕事体験談