司法書士の役割

司法書士は身近な法律家だといわれますが、同じ法律家である弁護士とは何が違うのでしょうか。

司法書士に期待されている社会的な役割や、弁護士との違いについて見てみましょう。

ちなみに現在、司法書士の業務範囲は拡大する傾向にあります。

より弁護士に近い業務をする分野も出てきており、今後はさらに幅広い役割を期待されるようになるかも知れません。

各種登記と、裁判所への提出書類作成

司法書士が日々の業務で最も多く関わるのが、登記です。

登記とは法務局で管理されている不動産や法人などの名義に関わる情報で、この登記が行われることで不動産や法人などきわめて重要な財産が誰のものなのかという権利関係が明確になります。

この登記を正確に、かつ適切に行わないと依頼者の権利が守られないばかりか、大きなトラブルの原因になります。

そのため、正しい法律知識を持った登記の専門家としての司法書士が大きな役割を担っています。

簡易裁判所における訴訟などの代理

本来、訴訟などの代理は弁護士の業務ですが、認定司法書士になることで簡易裁判所で弁護士と同様の活動をすることができます。

これは、増え続ける訴訟や民事事件の担い手として、司法書士にも弁護士に準ずる権限を与えて役割を担ってもらうという国の意向があります。

すでに多くの司法書士が簡裁事件で活躍しており、とくに消費者金融への過払い金返還請求では多くの司法書士事務所がテレビCMなどを流していたことも記憶に新しいところです。

今後も増える、司法書士の役割

司法書士は資格取得や日々の業務を通じて、特定の分野においては弁護士に匹敵するほどの法律知識を備えています。

その豊富な知識を役立てて欲しいという社会的な要請もあって、近年では成年後見や相続などの分野での活躍も目立つようになってきています。

今はまだもっぱら弁護士の業務とされているものも、将来的には司法書士が役割を担うようになっていくものが出てくるかも知れません。