司法書士の現状と将来性

難易度と需要のバランスは?

士業の中には、試験が難しい割には取得した後の仕事が少ないという「割に合わない」ものから、その逆に難易度の割には仕事が多いというものもあります。

その中で、司法書士は試験の難易度と取得後の需要のバランスが良い部類に入るので、難関資格ではありますが取得後の就職環境は比較的恵まれてるといえるでしょう。

将来についても、司法書士の業務範囲が拡大しているので新しい分野で活躍できる可能性があります。

求人は多数だが新規開業は難しい?

合格率が3%台という難関資格だけあって、資格の希少性は依然として高く、司法書士事務所だけでなくさまざまな分野からの求人があります。

もちろん、一般の求人よりも条件は良いので資格を活かした仕事ができる可能性は高いといえます。

ただし、独立開業するとなると狭き門であることも事実です。

理由はすでに開業している司法書士事務所が多く、そこに参入するとなると顧客の獲得がどうしても課題になるからです。

だからと言って新規開業が不可能ということではなく、それまでのキャリアアップや人脈作りがポイントになります。

企業法務で引っ張りだこ

大手企業を中心に、社内に法務を専門に行う部署があります。

こうした部署では法律知識の豊富な社員、とりわけ司法書士資格を持っている人が欠かせません。そのため、企業法務などにおいては求人が多く、全体的に好条件です。

司法書士の資格があるからといって法曹界だけではなく、広い視野で活躍の場を探すのも一考の価値があります。

他の資格や知識も武器に

司法書士試験は難関とはいえ、資格を取得したら即活躍できるというわけではありません。司法書士間の競争はもちろんありますし、顧客はより「頼りになる先生」を探しています。

不動産に強い司法書士という方向性を目指すのであれば、宅建や土地家屋調査士など、複数の資格を取ることによって差別化を図る人もいます。

将来にわたって業務の幅が拡大すると見られている司法書士だけに、従来の常識にとらわれることなく引き出しを増やしていく努力が求められます。