司法書士と弁護士の違い

司法書士の扱える業務には制限がある

司法書士は、法律系資格で司法試験に次ぐ難関試験である「司法書士試験」に合格し、「司法書士会」に登録した人をいいます。

司法書士が扱える業務は主に、登記又は供託に関する手続きについての代理、法務局・裁判所等に提出する書類の作成、そしてそれら業務に必要となる相談業務があげられます。

認定司法書士になると業務範囲が広がる

原則として、司法書士はその他の法律相談や代理行為などを受けることができませんが、法務省で所定の研修を受け、法務大臣の認定を受けた「認定司法書士」は、限定はされているもののその他の法律業務を行うことができます。

認定司法書士は、簡易裁判所における訴訟手続の対象となる紛争であって、紛争の目的の価額が140万円を超えない、簡易訴訟代理等関係業務についてのみ行うことができます。

弁護士はあらゆる法律事務、法律相談、代理人業務を扱える

弁護士は、法律系資格の中で最難関の「司法試験」に合格し、最高裁判所の司法研修所を卒業し、「弁護士会」に登録します。

弁護士は、それら高度な教育と訓練がなされた者、法曹(弁護士、裁判官、検察官)として、あらゆる法律事務、法律相談、法律行為の代理をすることが認められています。

そのため、弁護士は司法書士にできる仕事は全て行うことができます。

事件の内容、規模や分野によってお互いに補完し合う関係

弁護士は非常に幅広い業務を扱えることから、訴訟などで忙しいため、登記や供託業務については司法書士のほうが精通しているというケースもあるでしょう。

また認定司法書士が扱える法律業務には制限があるため、顧客の依頼がどのような内容で、司法書士として扱えるのかどうかを事前に精査し、司法書士と弁護士のどちらが扱うことが良いのかなどを考慮する必要があります。

司法書士、弁護士それぞれの役割を果たすために、必要な場合に協力しあえるパートナーとの関係づくりなど、事件の解決に向けた体制づくりも求められます。