司法書士の勤務時間・休日

9時〜17時がメインの時間帯

日中時間に働いている人の標準的な勤務時間は、9時5時と言われる時間帯です。

司法書士も原則としてこの勤務時間となっており、とくに法務局や裁判所など役所の窓口に出向くことが多い関係上、役所が閉まっている時間帯はあまり仕事にならないという事情もあります。

9時〜17時の勤務時間に大半の業務をこなし、それ以外の時間帯は仕事量が多い場合や顧客の要望によってその時間帯にしか打ち合わせができない場合に対応したりします。

場合によって残業も

作成した書類を法務局や裁判所に申請、提出する仕事が多いので、関連の窓口が開いている時間帯に勤務時間を合わせることになります。つまり、夜勤のような働き方はないということです。

ただし、業務量が多くて書類作成などの時間が足りない場合は残業をして補うこともあります。

場合によっては徹夜に近いほど仕事をすることがあるかも知れませんが、それだけの仕事をすれば報酬も相当なものになっているはずです。

開業すると勤務時間は長め?

司法書士事務所や一般企業などに勤務して司法書士業務を行っている人の場合は勤務先の就業規定に沿って働くことになります。

一方で、独立開業をしている場合はフリーランスに近い働き方になるので、どうしても開業をしている人のほうが勤務時間が長くなりがちです。

給料制ではなく、やればやっただけ収入が増えるため、がんばる人が多いからです。

それでも「毎日帰るのは終電」という働き方になることはまずないので、自分の時間も大切にしたいという人も、仕事とプライベートの両立は充分可能です。

休日は土日祝、その他は暦通り

司法書士の休日は土日祝や、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などです。

法務局や裁判所もこうした日に休んでいるので、必然的にそれに準じた休日となります。

ただし、独立開業して個人の顧客を多く持っている場合は休日に相談や打ち合わせをすることが多くなるので、一部の休日はそうした仕事に使うことがあります。