司法書士の需要

司法書士の需要は高い傾向

司法書士の需要は依然として高い水準にあります。

主な就職先としては司法書士事務所が筆頭格ですが、それ以外にも企業内の法務セクションや、将来的には独立開業という道もあります。

また、これはちょっと意外ですが弁護士が運営している法律事務所からも司法書士に対する高い需要があります。

司法書士の業務拡大により、需要が拡大

登記や各種の法的書類作成が司法書士の主な業務ですが、近年は司法書士の業務が拡大する傾向が続いています。

その結果、司法書士の資格を持つ人の需要も高くなっています。

司法書士事務所の仕事量が多くなるにつれて有資格者の採用を活発化させています。

これまでは弁護士しか関与できなかった案件を司法書士事務所も関与するようになったため、単純に人手が足りなくなったという事務所が多いようです。

弁護士は資格を取得して司法修習を終えても仕事がないという状況が見られますが、司法書士は現在のところ比較的恵まれた状況にあるといっても良いでしょう。

法律事務所での司法書士需要

法律事務所は弁護士が運営するものですが、ここでも司法書士の採用が多くなっています。

これには色々な理由がありますが、司法書士が弁護士の業務に近いことをできるようになってきているのと、パラリーガルと呼ばれる法律事務員としても十分な知識を有していることもあります。

パラリーガルの仕事

近年とても案件が多くなっている借金整理や過払い金請求などを担当できることも強みになっています。

将来的には独立開業も視野に

司法書士に限らず、士業(しぎょう)と呼ばれる資格職は、希少性や専門性の高さによっては独立開業するという道も現実味があります。

こうした資格職に司法書士も含まれるので、独立して自分の事務所を持つことも、充分視野に入ってくるでしょう。

その際にポイントとなるのは本来の業務に対する知識の高さや解決力だけでなく、安定した顧客の確保や新規顧客の開拓に長けているというビジネスマン的な要素も重要になります。