市議会議員に向いている人、適性

地元が大好き

市議会議員(市議)は、自らも一市民として生活している自分の地元をより住みよくするために働きます。

日々暮らしているからこそわかる、その市独特の景観、長い時間をかけて育んできた文化やそこに住む人たちの気質の素晴らしさ。

そうしたものへの愛着が強いほど、困難にもくじけず、地元のために懸命に働けます。

いっしょに悩んで解決するのが好き

市議は、人々にとってもっとも近くにいる政治家。

そのため、市議には市政への意見や要望だけでなく、生活の厳しさ、いじめや不登校、介護をめぐる夫婦や家族間のトラブルなど泥臭い相談も持ち込まれるといいます。

そうした問題を相手といっしょになって悩み、最善策を考えるのが苦痛ではない、むしろやりがいを感じるようなら、市議への適性は高いでしょう。

国会議員のように、国を動かす醍醐味を味わう機会は少ないかもしれませんが、周囲の人から頼られたり、慕われたりする素朴な喜びは、市議の方がより多く味わえそうです。

学ぶのが好き

地方分権が進み、地方主導で市政を行うようになったため、市議にはこれまで以上に問題解決力が必要になっているといわれます。

しかも市議の扱う問題は、財政や行革に始まり、教育、福祉、環境、市全体の総合的な政策まで幅広い分野に及びます。

これだけ多様な分野の問題に適切に取り組むためには、それぞれについて調査、研究し学ぶ必要があります。

積極的に知識を取り入れていくためにも、勉強好きである方が望ましいと思われます。

行動力・忍耐力・責任感

どんなに素晴らしいアイデアも、頭の中においていたのでは何も始まりません。アイデアを行動に移してこそ、事態が進展し、問題解決の糸口が見えてきます。

もちろん行動に移したからといってすぐに結果が出たり、周囲の賛同が得られたりするとは限りません。

周りに理解されず、非難されたり、ときには、友人や仲間でさえ離れていってしまうことも考えられます。

それでもひるまず信じた道を歩めるか、最後まで責任を果たせるか。平坦ではない市議の道を歩む際、これらができるかどうかは問われ続けます。