市議会議員の任期、退職

任期満了した市議の退職金は?

市議会議員(市議)の任期は4年。しかし任期満了しても退職金はありません。

「退職金なし」の背景には、退職金は、長期にわたる継続的な勤務を前提にしているという考え、さらに、ほとんどの市の楽観できない財政状況や市民感情などへの配慮もあるようです。

「退職金なし」という状態は、そもそも安定性に欠ける市議という生き方を、一層、不安定にしています。

自営業や会社経営を行ってきたという市議でない限り、市議は任期満了後、再出馬して落選すれば、無職。収入が絶たれます。

それでも市議人生を続けたい元市議の多くは、次の選挙までの4年間、バイト・パートとして働きながら、選挙準備を行うといいます。

仕事の合間を縫って、市政についての意見をブログや街頭演説、後援会の会合などで発信し続けます。

ほとんどの場合、生活はラクではなく、政治活動に使う費用や時間の捻出に苦労するといいます。

妻子を抱えた元市議の場合、バイトの掛け持ちで家族を養ったり、妻が家計を支えたりしながら選挙に備えるようです。

市議職の厳しさ

4年ごとの選挙で無職になるリスク、退職金なし、おまけに年金は国民年金。

とくに、小さい子どものいる若い市議は、子どもをちゃんと育てていけるのか、自分の老後はどうなるのか、不安を感じると漏らします。

また、市議は高収入の印象がありますが、給料や期末手当(ボーナス)を見ると、収入額は市の規模によってかなりの差があります。

調査研究その他の活動に充てるための「政務活動費」が、給料とは別に支給されますが、この金額も市によって相当の開きがあります。

政務活動費が月額2万円程度の市議の場合、政務活動費で研修費や研修に参加する交通費を補うのが精一杯。そのほかの調査にかかる費用、訪問先での宿泊費などは持ち出しになることが少なくないようです。

真面目に調査、研究を行う市議ほど、生活が厳しくなりがちといわれるゆえんです。

こうしてみると、市議職には、生半可な覚悟の候補者を寄せ付けない厳しさがあります。

一面で、この厳しさが、熱く、強い市政への想いを持った候補者、ひいては市議を育てているようです。