車掌のやりがい

お客さまの役に立っていると感じられるとき

車掌はたくさんの人と接する仕事ですが、何よりやりがいを感じられるのは、お客さまの役に立っていると感じられる瞬間です。

困っている人を助けた時もそうですし、ふとした瞬間に、いつも乗車されるお客さまから「いつもありがとう」と声をかけてもらえることもあります。そんなときは、仕事の疲れや苦労も吹き飛ぶほど大きなやりがいを感じられます。

困難を乗り越えたとき

簡単な乗り継ぎの案内や駅構内の案内であればよいのですが、中には業務中、すぐに解決できない問題に直面することもあります。

しかし冷静にひとつひとつの問題と向き合って、お客さまに納得いただける対応をするように心がけています。困難をクリアできた瞬間は、「この仕事をやっていて良かった!」と思えるでしょう。

また、車掌の車内放送は慣れるまで緊張する業務ですが、上手くいったときは大きな達成感を味わえるという人も多いです。

同じ内容を伝えるのでも、声のトーンや口調、テンポなどで受け取る側の印象はずいぶんと異なるものです。「あの車掌さんのアナウンス、素敵!」と言われたりすると、とてもうれしい気分になるようです。

重い責任がやりがいに変わる

人の命を預かる車掌は、とても重い責任のある仕事です。事故を起こしてからでは済まないため、何事もなく無事に1日の業務を終えられた後は大きな達成感を味わえます。

毎日大きなプレッシャーがある分、やり遂げた後の感動もひとしおです。責任感のある人、使命感を持って働きたいという人にとっては、大きなやりがいを感じられる仕事です。