車掌の資格

特別な資格は必要なし

電車運転士の仕事をするには運転に関する国家資格が必要になりますが、車掌の仕事には、特別必要な資格はありません。

鉄道会社に入社し、駅員として一定の業務経験を積めば、車掌になる登用試験を受けるチャンスが訪れます。

登用試験を受けられるまでの期間は人によって異なりますが、駅員として1〜2年程度働くと、上司に声をかけられることが多いようです。

車掌登用試験について

車掌登用試験は年に1、2回実施する会社が多く、その内容は筆記試験と適正検査が中心となっています。駅の知識だけでなく、一般常識の問題が出されることもあるようです。

駅員として日ごろから真剣に仕事に取り組むだけでなく、世の中の動きにも敏感になっておく必要があるでしょう。

研修も実施される

車掌登用試験に合格してからは、3カ月程度の研修が実施されます。社内の研修所などで電車の仕組みや乗務に関する規則を学ぶ座学研修と、指導車掌と一緒に実際に乗務しながら学ぶ実技研修が実施されます。

この研修で、車掌業務に必要な知識と技術の両方を身につけていきます。

研修終了後は、最終試験に合格すれば無事に車掌として働くことができます。たとえ新人でもその責任は重大であるため、はじめのうちは緊張することも多々あるといいます。

その後、一人前の車掌になるにつれて指導者役の車掌を目指したり、さらに幅を広げて運転士の資格取得を目指す人もいます。