車掌の魅力

多くの人と触れ合える

車掌は、毎日老若男女たくさんの人と接する仕事です。都会の大きな駅であれば、一日に何百人、何千人…ものお客さまとすれ違うこともあるでしょう。これだけの人と接する仕事は、他にそうありません。

案内業務や安全確認などで、直接お客さまと接する機会は運転士よりも多くなります。お客さまのバックグラウンドはさまざまであるため、実際の業務では大変だと感じることもたくさんはずです。

厳しい言葉をかけられるなど嫌な思いをしたり、酔っ払いに絡まれたりすることもあるといいます。

しかし、そんなひとつひとつの経験が、自分の人生を豊かなものにしてくれます。何より、人とコミュニケーションをとることにやりがいや喜びを見出せる人にとっては、まさに「天職」ともいえるでしょう。

キャリアアップに挑戦できる

車掌になるには、まず駅員の仕事を経験するのが一般的ですが、経験と勉強を重ねることで、それまでよりも幅広い仕事に携われるチャンスが掴めるのも、車掌の仕事の魅力です。

たとえば同じ車掌であっても、スキルが身につけば指導役の車掌になることや、さまざまな種類の列車に乗務できるようになります。

その後は、車掌としてずっとキャリアを磨き続けるのもひとつの選択肢ですし、運転士を目指すこともできます。常に高い目標を持ち続けながら働くことで、着実に成長していけるでしょう。

世の中の役に立つ仕事ができる

私たちが便利な生活を送るのに、電車はなくてはならないものとなっています。通勤や通学などで、毎日電車に欠かさず乗るという人も少なくありません。

そんな「世のため、人のため」になる仕事に携わっていると、日々大きな誇りが味わえるでしょう。