社会保険労務士のやりがい、魅力

あらゆる労働者の手助けができる

社会保険労務士のやりがいは、仕事を通してたくさんの労働者の手助けをすることができることです。

日本にはさまざまな種類の社会保険や年金があります。

自分がどのような健康保険に加入していて、毎月健康保険料をいくら払っているのか、会社が倒産したときに失業保険はいくらもらえるのか、今の給料のまま定年まで働いたら将来の年金の支給額はいくらなのか。

こういったことは、労働者にとって非常に切実な問題であるにもかかわらず、知識がないために、よくわからないまま制度を活用できていない人もたくさんいます。

こうした人たちを助けるのが社会保険労務士です。法人へのアドバイスをすることもあれば、個人の相談にのることもあり、さまざまな形で労働者の役に立つことができます。

ときには「あなたには雇用保険に加入する権利がありますよ」と教えてあげることもできますし、年金を支払っていた期間を正しく合算することによって将来の支給額を増やしてあげられることもあります。

社会保険労務士は、まじめに働いてきた労働者が、正当な権利を受けるために大きな役割を果たすことができる仕事です。

「あなたに相談して良かった!」「助けてくれてありがとう!」という依頼者からの言葉が、社会保険労務士の大きなやりがいになります。

企業の健全な発展を支える存在に

もうひとつ、社会保険労務士の大きなやりがいは、日本の企業の健全な発展を支えられるということです。

近年、日本では「ブラック企業」と呼ばれるような、労働者に過酷な労働条件を強いる企業が問題になっています。

最悪の場合は、サービス残業の連続で過労死してしまったり精神的に病んでしまったりするケースもあります。

また、「派遣切り」という言葉で注目を集めたように、企業から都合よく使われて突然切り捨てられる労働者も多くいるのが現状です。

社会保険労務士は、企業の雇用や保険についてアドバイスをすることができる立場にいます。

先述のように労働者が企業から不当な扱いをされたとき、正すことができる役目を担います。

社会保険労務士は表からは見えないところでコツコツと仕事をすることが多く、決して華やかな存在とはいえませんが、社会に確実に必要とされている仕事であり、日本の企業が正しく健全に活動するために欠かせない重要なものとなっています。

「士業」としての強み

社会保険労務士は、国家資格であり、業務独占資格でもあります。

すなわち、社会保険労務士の有資格者にしかできない業務というのが多々あり、それはキャリアを築いていくうえで大きな強みとなるでしょう。

労働保険・社会保険の手続きのほか、企業の就業規則の作成や届出、厚生労働省系の助成金の申請など、社会保険労務士が行える業務は重要なものばかりです。

努力をして国家資格を取得することで専門性を手に入れることができ、それを生かしてさまざまな方面で活躍していく道が開けます。

法律事務所などに勤務することはもちろん、ゆくゆくは独立ということも可能になります。