社会保険労務士の役割

人事や労務に関する法律のエキスパート

社会保険労務士は、「保険や年金、労務管理のプロフェッショナル」として活躍する仕事です。

企業が会社を経営していくうえで欠かせないのが、そこで働く人材、つまり「ヒト」ですが、社会保険労務士は、その「ヒト」に関するさまざまな法律や制度に関する専門知識を有し、必要な手続きや書類作成などを担当します。

たとえば、社会保険労務士が担うおもな役目は、以下のように多岐にわたります。
・社員の雇用保険や健康保険、厚生年金の資格取得や喪失手続き
・健康保険証の変更手続き業務
・社員の給与計算や勤怠管理
・労働保険料の計算や申告業務
・出産一時金や傷病手当金の手続き
・業務上のケガが発生した場合の労災の届出
・社員が結婚や出産をし、扶養家族が増減した際の手続き業務

など。

これらは、自社の総務担当者や人事担当者が他の業務と兼任して行うこともできますが、度重なる法改正などによってつねに最新の知識を持っていなくてはなりません。

そのため、ベンチャーや中小企業など組織体制が整っていない場合、社会保険労務士に外注しているケースもよく見られます。

企業側としては、保険や労務管理のプロフェッショナルである社会保険労務士に仕事を依頼することで、自分たちの業務に集中することができます。

コンサルタントとしての役割も果たす

上記のように、社会保険労務士はお客さまから依頼を受けて、人事労務などに関する煩雑な手続きや書類作成などを手掛けていきますが、もうひとつ重要な役割として、人事や労務管理に関するコンサルティング業務が挙げられます。

たとえば、企業が健全な組織運営をするうえで不可欠とされる就業規則や人事制度の策定、就業時間の管理や社会保険料の適正化、退職金制度などに関するさまざまな課題についても、社会保険労務士は自身の専門知識を生かしてアドバイスすることが可能です。

「ブラック企業」が厳しく取り上げられるようになっている今、このコンサルティング業務に関する需要が大きくなっているようです。