社会保険労務士への転職

資格の取得が大前提

「専門的な仕事に就きたい」「一生モノの資格をもって働きたい」といった理由から、それまで別の仕事に就いていた人が社会保険労務士に転職したいと考えるケースは、比較的よくあるようです。

しかし、社会保険労務士への転職を考えるのであれば、先に初回保険労務士の国家資格取得をめざすことが必要です。

しかし、社会保険労務士の試験は受験資格があり、学歴や実務経験といった条件のいずれかを満たしていなくてはなりません。

社会保険労務士になるには

まずは条件をよく確認したうえで、実際に行動していくことをおすすめします。

資格があるだけでは就職が難しい場合も

社会保険労務士の国家試験は、素人がお試しで受験して簡単に受かるような内容の試験ではありません。

合格率も例年10%以下と非常に低いものとなっており、多くの人が予備校やスクールなどに通って対策をしています。

しかし、いざ社会保険労務士の資格を取得したとしても、それだけで就職・転職に大きく有利になるとはいえません。

社会保険労務士の活躍の場としては、企業の総務部や人事部、社会保険労務士事務所などが考えられますが、採用人数はそこまで多くないのが実情です。

また、一般企業では社会保険労務士を外部から中途で採用せず、すでに総務部に在籍している社員が会社からの指示を受けて、あるいは自主的に社会保険労務士の資格を取得するケースも増えています。

運よく社会保険労務士そのものの募集があったとしても、その求人の大半は大都市圏に集まっており、地方ではさらに狭き門となっている場合があります。

各地域の採用状況をよく調べたうえで転職を考えたほうがよいかもしれません。

資格を生かして独立することも可能ですが、それも簡単にできるものではありません。

社会保険労務士になるのであれば、資格取得後、どういう風に仕事をしていくのかまできちんとイメージし、綿密な計画を立てたうえでめざしたほうがよいでしょう。