社会保険労務士に向いている人、適性

正義感が強い人

近年、日本では「ブラック企業」という言葉がよく聞かれるようになりました。

実際、その言葉は時と場合によってさまざまな意味で使われることがありますが、一般的には「サービス残業が多い」「健康保険に加入させない」「給料が正しく支払われない」など、労働条件に違反するような働き方を強いている企業のことを指しています。

社会保険労務士の役割のひとつは、こういった「ブラック企業」がない社会をつくることにあります。

労働者が不当な不利益を被ることがないよう、企業に的確なアドバイスをしたり、労働者の相談に乗ったりして、企業が間違っているときには正していきます。

これは社会的に大きな責任の伴うことですから、社会保険労務士には強い正義感が求められます。

「よりよい社会をつくりたい」といった気持ちがある人は、社会保険労務士に向いているでしょう。

数字や、コツコツとした作業が苦にならない人

「社会保険」や「労務」に関するプロフェッショナルである社会保険労務士の仕事には、計算作業がつきものです。

たとえば、月々の健康保険料の計算のための公式、年金支給額の計算のための公式、労働災害保険の計算のための公式など、さまざまな計算式があり、相談者の年齢や労働期間に応じて、電卓を片手に一つひとつ計算しなければいけません。

社会保険労務士として働くのであれば、こういった計算作業がミスなくこなせることが大切です。

他人の人生を左右するような大切なお金を計算することになるため、正確な計算ができる几帳面さが求められます。

書類をチェックする機会も多いため、ち密な作業が苦にならない人に向いているといえるでしょう。

企業の経営に興味がある人

社会保険労務士は、企業のコンサルティングを行うこともあります。ときには企業の就業規則の作成や賃金制度の設計、福利厚生の仕組みの考案にも力を貸すことがあります。

どのような制度があれば、経営に負担をかけすぎずに労働者にとっての快適な労働環境を作ることができるのか。これを考えるのが、労務のプロフェッショナルである社会保険労務士の腕の見せどころです。

社会保険労務士は、こういった仕事を通して間接的に企業の経営に貢献することができるため、経営に興味がある人は大きなやりがいを感じることができるでしょう。