社会保険労務士と中小企業診断士の比較

中小企業診断士とは

「社会保険労務士」と「中小企業診断士」は、まったく異なる資格であるにも関わらず、ときに両者の比較ポイントや、どちらを取得すればいいのかといった点が話題になることがあるようです。

社会保険労務士と中小企業診断士の比較をするために、ここではまず中小企業診断士とはどのような仕事なのか見ていきましょう。

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行うプロフェッショナルのことをいいます。

中小企業が成長戦略を考えたり、それを実行したりする際の具体的な計画を立て、専門家としてのアドバイスを行うのがおもな役目となります。

働き方にも違いがある

社会保険労務士も中小企業診断士も、いわゆる「士業」といわれる部類の専門職です。

どちらも国家資格をもって活躍し、独立開業をめざすことができますし、一般企業でそれぞれの知識やスキルを生かすことも可能です。

たとえば、「保険や年金、労務管理のプロフェッショナル」である社会保険労務士の場合は、総務部や人事部で活躍する人が多くいます。

これらの部門では労務や人事についての業務に日常的に携わることから、社会保険労務士の資格を取得することで、より仕事の幅が広がったり難しい内容にも対応できるようになります。

一方、中小企業診断士であれば、経営に関わる全般について幅広く知識を備えることができることから、経営企画部などで働く人が取得をめざすケースがあるようです。

ダブルライセンスで仕事の幅を広げる人も

社会保険労務士や中小企業診断士などの国家資格は、複数を取得すること、いわゆる「ダブルライセンス」で活躍する人もいます。

たとえば社会保険労務士が企業の労務に関するコンサルティングを行う際に、中小企業診断士の知識も併せ持っていれば、経営全般を見渡すことができ、より多角的にアドバイスができる可能性が高まります。

両者は別の資格ではありますが、実務では関わってくる部分も大きいため、ダブルライセンスは決して無駄にならないでしょう。

ただし、取得するには時間もお金もかかることから、よく計画を立てていくことが必要だといえます。