社会保険労務士のつらいこと、大変なこと、苦労

めまぐるしく変わる法律

社会保険労務士は、社会保険や労務に関する法律のプロフェッショナルとして働いているため、こういった法律に関する膨大な量の知識が必要になります。

しかし、この法律は時代とともにつねに変わっていくものです。たとえば、少し前までは、会社が雇用している人は、「正社員」か「アルバイト(パート)」の2種類というケースが一般的でした。

しかし不景気の影響などもあり、時代の移り変わりとともに「派遣社員」や「契約社員」「嘱託職員」「臨時職員」のように、正社員と同じような仕事をするものの正社員とは雇用形態が違う、という人たちが急増しました。

このように雇用形態が多様化すれば、当然、健康保険や雇用保険をどのように適応するかという点についての新しい法律が生まれたり、改正されたりします。

社会保険労務士はこういった法改正に誰よりも詳しくなければいけません。

つねに法改正に目を光らせて、めまぐるしく変わる法律にしっかりと追いついていかなければいけないのですから、一生勉強が続くという大変さがあります。

間違いが許されないという緊張感

社会保険労務士が扱うものは、人事労務や社会保険、年金など、どれも法律によって定められている内容であり、ほんのちょっとの間違いが大きなトラブルになってしまう可能性をはらんでいます。

したがって、社会保険労務士はいつでも慎重に業務を進める必要があります。

書類のチェックなどち密さを要求される仕事が多く、抱えるプレッシャーもかなりのものとなるでしょう。

営業活動の苦労も

近年では社会保険労務士として独立開業をめざす人も増えているようですが、社会保険労務士の資格を取得して開業はしたものの、顧客が見つけられなくて苦労している人も多いようです。

顧客を取るためには営業活動に力を入れなければいけません。

しかし、不況の影響で多くの企業の経営が苦しくなっており、社会保険労務士に仕事を依頼するよりも自分の企業の総務担当者にすべて任せてしまおうと考えるケースも少なくありません。

資格を取得したから安心、独立開業したから安心ということはないのが実情です。

とくに独立をするのであれば、しっかりと営業活動をする必要があるということは覚悟したほうがよいでしょう。