社会保険労務士平井 千鶴さん

1977年生まれ、千葉県袖ヶ浦市出身。短大卒業後、出光興産に入社。潤滑油を扱う営業研究所に10年間勤務。在職中に社会保険労務士の国家資格を取得し、30歳の時に株式会社グローバル・ネットワークに社会保険労務士として転職、現在に至る。特定社会保険労務士の資格も保持。

HP:株式会社グローバルネットワーク ホームページ

担当しているのはどんな仕事ですか。

会社で働く従業員が加入する社会保険の申請書類作成・届出・給付、給与計算などの事務手続き全般を行う仕事です。

社会保険には健康保険、厚生年金保険、雇用保険などさまざまな保険があり、従業員が入社してから退職するまでの全期間に渡ってお手伝いをする仕事になります。

会社の税金に関することなど「お金にかかわる仕事」は税理士さんが担当しますが、社労士は「人にかかわる仕事」とよく言われます。

ただ「事務手続き」と言ってもデスクワークが中心ではありません。担当している企業に出向いた際に、社長さんや人事部の担当者の方から人事制度や労務管理などに関するさまざまな相談を受け、それに対してアドバイスをすることも多いですね。

なぜ、社労士になろうと思ったのですか。

実は前職はある大手石油会社の研究所にいて、潤滑油の試験の仕事をしていました。

短大の欧米文学科を卒業して事務職として入社したのですが、試験部門に配属になり、楽しく働きながらも「このままずっとこの仕事なのかな?」と疑問に思うことがありました。

すでに入社6年目。研究所務めという特殊な仕事でもありましたし、自分が結婚したり転居したりして環境が変わったときに、「ずっと続けられる仕事だろうか?」と考えることも多く…。
 
そんな時、近所の本屋さんに会社帰りに立ち寄ったとき、手にした職業紹介の書籍の「社会保険労務士」の項目を読んで、「これだ!」と思いました。

そこには「国家資格で、企業の人事・労務のお手伝いをしながらいろいろな人に会える仕事」というようなことが書いてあったと記憶しています。

それからすぐに行動に移したのですか。

ところが、国家資格である社労士の試験の合格率が8%と言うのを知り「私にはとても無理」と思いました。その一方で「『会社』がある限り、社労士の仕事はなくならない…」と単純にそう考えた自分がいました。

悶々と悩む日々が続きましたが、「落ちても勉強したことは無駄にならないんじゃない」と母が背中を押してくれたこともあり、一念発起して社労士資格取得のための専門学校に通うことにしました。

毎週土曜日の午後、5時間ぐらい勉強し、学校には約2年間通い続けました。社労士の試験は3回目でようやく合格できましたが、最後の受験前の1年間は会社から帰ってきても毎日3~4時間勉強していましたね。

試験に合格したのは29歳のときです。