社会保険労務士の1日

社会保険労務士のスケジュール

社会保険労務士のおもな仕事は、企業からの依頼に応じて人事や労務に関する相談にのることです。

そのため、社会保険労務士はクライアントとなる企業の就業時間に合わせて働くことになります。

基本的なスケジュールは、以下の通りです。

9:00 出勤

事務所に出勤します。

10:00 クライアント資料の確認

外出前に資料を確認しておきます。

11:00 外出

クライアント企業に出向き、コンサルティングを行います。

12:00 昼休み

 
昼食は外で食べる日もあれば、事務所で食べることも。

13:00 外出

別のクライアント企業に出向き、必要な資料を受け取ります。

15:00 資料提出

社会保険事務所に書類を提出します。

16:00 デスクワーク

事務所に戻って資料の作成をします。

18:00 退勤

案件が立て込んでいる日は残業することも。

クライアントと事務所の往復

社会保険労務士の勤務時間は、9:00~18:00ごろになることが多いようです。

朝、事務所に出勤するとパソコンを立ち上げることからスタートします。依頼や質問のメールに答えたり、提出する資料の確認を済ませたりした後、クライアントのもとへ向かいます。

クライアント先では労務や人事に関する相談を受け、今後の解決策について話し合います。

終了後、昼食休憩を一時間ほどとったら、また別のクライアントのところへ出かけます。忙しい日は、一日に数件の企業を回ることもあります。

「給料や賞与について計算してほしい」「育児休暇を取得する社員に必要な手続きを教えてほしい」「健康保険料に関する相談に乗ってほしい」など、依頼内容はさまざまです。

必要に応じて、社会保険事務所に代理で書類を提出にいくこともあります。

すべての打ち合わせが終わったら、会社に戻ります。

通常は夕方過ぎには業務が終わりますが、月末などや年に一度の様々な手続きが集中する時期には、残業をすることも珍しくありません。