社会保険労務士試験のための学校・スクール

社会保険労務士の試験対策をしているスクールは、大きく「通学型」と「通信教育型」の2つの種類に分けることができます。

ここでは、それぞれの特徴や、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

通学型のスクールについて

通学型のスクールの講習期間は平均的に数ヵ月~1年程度で、学費は数万円~20万円ほどと幅があります。

メリットとしては、講座を受けるなかで疑問に思ったことやわからないことを直接講師に聞くことができることや、決まったペースでカリキュラムが進んでいくため学習ペースを維持しやすいということがあります。

もうひとつ、同じ目標を持って勉強に励む仲間ができるため、国家試験までのモチベーションを保ちやすいということもいえるでしょう。

デメリットとしては、通信教育に比べると多少かかるお金が増えることと、通学型のスクールは都市部に集中しているため地方在住の人は通いにくいことが挙げられます。

通信教育について

通信教育型の教材は、教科書のような紙のテキストをベースにしたものと、DVDのような動画をベースにしたものの2つに分けられます。

最近ではパソコン環境の普及により、動画で学習する人が増えているようです。

こうしたことを踏まえたうえでの通信教育型のメリットは、自分のペースで勉強できるということです。

テキストやDVDは、わからないことがあればその場で学習を止めて、納得がいくまで調べることができます。

自分の苦手な単元だけを何度も重点的に学習してから次に進むことも可能です。

また、通信教育は地方在住の人や仕事をしている人に重宝されています。

自分の好きな場所で、空いた時間に勉強できるため、自由に学習できるという点では大きなメリットがあるでしょう。

デメリットとしては、自分で緊張感を保って学習を続けなければ、気が抜けてしまいやすいということです。

点数が落ちたときに叱咤激励してくれる講師や仲間がいないため、あくまでも自分自身でモチベーションをコントロールしながら合格をめざさなければいけません。

自分のペースで学習することが得意な人に向いている学習方法だといえます。