社会保険労務士試験の難易度・合格率

社会保険労務士の資格について

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士の国家試験に合格することが必要です。

試験は筆記試験のみで、選択式および択一式の形式で行われます。

社会保険労務士試験受験者数

社会保険労務士試験の受験者数は、平成22年度をピークに減少傾向にあります。平成28年度試験の受験者数も、前年より1.8%減少し、39,972人となりました。

社会保険労務士試験合格率

社会保険労務士試験の合格率は7~9%あたりで推移していましたが、平成27年度試験の合格率はわずか2.6%、平成28年度試験は4.4%となっています。

平成28年度 社会保険労務士試験合格者男女別構成

社会保険労務士試験の合格者男女比率は、男性66.1%、女性33.9%となっています。

平成28年度 社会保険労務士試験合格者年齢別構成

平成28年度試験の社会保険労務士試験の合格者の年齢構成は、40歳台が最も多く32.3%となっています。次いで、35歳代が31.4%となっており、30代、40代が合格者の中心となっています。

平成28年度 社会保険労務士試験合格者職業別構成

平成28年度試験の社会保険労務士試験の合格者の職業別内訳は、会社員54.9%、無職14.5%、公務員6.6%、団体職員5.5%、自営業4.5%、役員2.1%、個人の従業者2.1%、自由業1.9%、学生0.6%、その他7.5%となっています。

社会保険労務士登録者数

平成26年9月30日時点における、社会保険労務士登録者数は39,898人となっています。

平成28年度 社会保険労務士試験の概要

変更なし

※参考サイト
http://www.sharosi-siken.or.jp/pdf/05/info_01_gyousei_happyou.pdf